Harmony 53

「ITで働き続けたい!」
「意志」という引力のもと、運命的な出会いを果たしました。

ITを扱うのは人であり、その人の為に役に立つシステムを提供したいという
気持ちに対し、現実は雲の上で決まった事をシステム化するだけの単純作業の毎日…。
そんな時でした。忘れかけていた初心に「YES」をくれたポートヘフナーという大きな船と出会ったのは。

面接という環境下では受ける側と採用側で暗黙の上下関係が発生するものですが、
投げかけた想いに対し、同じ目線でそれを真摯に受け止めてくれた事が衝撃的でした。

「人」を大切にしたい。役に立つ事をしたい。

そのコンセプトはお客様はもちろんの事、社員やすべての人に対し同様であるという
強いメッセージである事が「人財」という言葉からも伺え、その船に乗る決意を固めました。

天才とは1%のひらめきと99%の努力と言います。

惜しむ事のない努力が「ありがとう」を生み出すこと。
努力が「夢」を現実に変えていくこと。

この「財(たから)」を大切に磨いていきたいと思います。